中学受験するなら苦手な理科を克服しよう!

中学受験は、いくら学校の授業が理解できていても、応用問題を解けるくらいの実力がなければ合格することができないものです。
応用問題が解けるようになることがとても大切です。

 

特に理科はどれだけ暗記できるかで点数が取れるかどうかが決まります。
むやみに暗記しようとしても記憶に残りにくく、「なぜそうなるのか?」をきちんと理解していることが大切です。

 

中学受験をする人というのは、学校でも優秀な生徒ばかりです。
そのため、中学受験をする生徒はそれぞれの学校の優秀な生徒の集まりなのです。

 

合格するには、自分の通っている小学校では優秀であることが条件となります。
また、関東では8人に1人が受験をするくらい、中学受験は一般的になってきています。
私立の中学校に通って、そのままエスカレーター式で高校や大学に行く生徒が多いのです。
その方が楽ですし、いいところに就職することができる可能性も高いので、そうさせたいと考えている親御さんも多いのです。

 

関西では、中学受験に挑戦する生徒さんは11人に1人という割合です。
関東よりは少し少ないですが、関西でも中学受験は少しずつ一般化してきています。
関東や関西以外の地方でも、少しずつ受験をする割合は高くなってきています。
いい中学に入れば、優秀な子供に囲まれて勉強をすることができます。

 

受験をする子供は、受験専用の塾に通う場合がほとんどです。
理科のコールもありますよ。

 

専用のコースがある塾に通うことで、模擬試験も頻繁に行われますし、自分が合格圏内にいるのかどうかを確認することができます。
また、同じ目標を持っている仲間を見つけることができるので、辛いときは慰めあいながら頑張ることができます。

中学受験関連サイト

※中学受験情報局『かしこい塾の使い方』⇒http://www.e-juken.jp/
中学受験に関するありとあらゆる情報を網羅したサイトです。これから中学受験を検討する方や疑問・不安がある方におすすめです。