中学入試と本のおすすめ

子供の教育のことは、親にとって頭に痛いことです。
将来子供に学歴をつけさせてあげたいと思う親は多く、中学入試をさせようと考えるのです。

 

中学入試をするためには中学入試専門の塾に入ることが必要です。
たまに自分の子は頭がいいから塾なしでいいという親もいますが、中学入試の内容は広範囲ということと、難易度が高いので、それは無理です。

 

塾に入ると国語、算数、理科、社会の4教科を学んでいきますが、内容も多く大変です。そのなかでも対策が難しいのは、国語です。
漢字とか、熟語などのように覚えるだけならなんとかなるのですが、読解力とか論理的に考える力をつけるのは、簡単ではありません。
ですから塾に入る前から読書はやっていったほうがいいのです。

 

それは小さいころから絵本や、簡単な本を読む習慣をつけておくことが塾に入ってからも役だちます。
文字を読むスピードも速くなりますから、問題を解くうえでも役立ちます。

 

さらに小学校4年生くらいからは、中学入試の国語の受験問題で出題された本を読んでおくということがおすすめなのです。
そのような本の中には、気持ちが揺さぶられるほど感動的なものだったり、おもしろい本が多く、とても良い本が多いです。
受験とときに出題される可能性もありますし、そうでなかったとしても文章に慣れるという意味でもとても有利だからです。
過去に出題された文書というのはネットにも載せられているので普段から見ておくのもいいのです。